家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相の方位、間取り

【新着】中庭の家を作るのは家相的にOUT!?対処法&メリットを大公開

自宅の中に庭を作って家庭菜園を楽しみたいという人も非常に多く、ガーデニングをしたいからと間取りの中へ中庭を取り入れているケースもあります。

時には中庭から日差しが入り込むこともありますが、空洞が間取りとしてはできてしまうこともあります。

中庭は家相においてメリットがあるのか、もしも運気を乱す状態にあれば対策法を活用するようにしましょう。

中庭って何?

 

中庭は壁や建物などによって包囲されていて自宅の中でも屋根がない屋外の空間を指しています。

ここで野菜などを栽培している人も非常に多いですが、外からはしっかりと守られています。その状態でありながら穏やかかつ室外ということもあり、より守られた外部の空間となっています。

世界各国の建築でも中庭を設置しているものは多く見られますが、屋内の土間を指すこともあります。海外ではパティオと呼ぶこともあり、快適な空間が作られています。

【家相】中庭を作ることのメリットは?

快適な空間を作っていくことができる

家相において中庭を考えていこうとする時に、プライベートな屋外空間ができるから運気がいいと考えている人も多いです。

プライベートな屋外での空間を自由に作っていくことができますが、どうしても周囲の目を建築物が密集している場所ならば意識してしまいます。

なかなかくつろぐことができないと悩んでいる人もいますが、中庭を設置すれば安心かつ開放的な空間を作っていくことが可能です。

通気性が非常にいい住まいを作れる

中庭を取り入れることによって全体的に中庭と面していきます。これが大きな開口となり、風通しを円滑にして通気性をアップさせることができます。

家相においても新鮮な陽の光や風はプラスに働くので、安心して快適な生活をおくることができるでしょう。

また中庭と反対にもしも窓を設置している時には、そこから風の流れがしっかりと生まれていきます。これも家全体をスムーズに換気していくことができるようになります。

太陽の光が家全体に差し込んでいく

中庭に面していると大きな開口を作ることができるため、通気性のアップだけでなく室内へ太陽の光を多く取り込んでいくことができます。

また設計を上手に行うことができれば方位にも助けられることがあります。北側ならば明るい住まいに常に変化させることも可能です。段差も設定できればより陽の光を取り入れることもできるようになります。

防犯性をアップさせる

中庭を設置して防犯性をアップさせ、窓を利用して防犯体制を整えることができます。、泥棒は中庭があると建築物が周囲を囲むこともあり侵入しづらいです。

 

生活動線を広げることができる

中庭を取り入れた時に生活動線を拡張させることができますが、移動距離を短くさせるように計画しなければなりません。

床の素材や高さも考えていくと中庭も室内の一つとして考えていくことができます。

【家相】なぜ中庭は大凶なの?

どうしても自宅の中庭がほしいと考えている人も多いですが、実は家相においてはマイナスとなります。

自然を身近に感じることができたり、リラックスできる空間を作りたいといった意見も多いです。中庭はどこからも眺めていくことができ、疲れを癒してくれることでしょう。

ただ家の中心部分に設置する機会が多い中庭は、間取り図をみたところ屋根が中心部に存在しないことが多くなります。家相からみていくとこれは大凶です。

家の形を上から見ていくと中心部ならばロの字形、もしくは角などに設置するとコの字形やL字形となっていきます。これだと欠けの部分ができてしまうので、家相においてはマイナスとなってしまいます。

家の中心部が失われていると考えられているため、安定感を失ってしまうと考えられてしまいます。家族間も冷めてしまう暗示となっており、意識が家庭へ向かないケースも増えてしまうでしょう。

もしも中庭に欠け対策として庭木や池を設置しているのであれば、落ち着きもしくは癒しを与えると感じているかと思いますが、湿気の問題などが生まれていきます。池はどうしても水が溜めておかないといけないため、マイナスとなってしまうことがあります。

屋根が空いていたとしても、湿気が家の中心から漂ってくるのは家相においては危険です。カビや結露でも悩んでしまうことが多々出てきてしまうので、極力止めるようにしましょう。

【家相】どうしても中庭の家を作りたい!対処法はある?

どうしてもコの字型やロの字型といった空洞を作ることを覚悟の上で中庭を設置したい時には、対応策としてウッドデッキを用するといいでしょう。

庭木を一切植えないでウッドデッキにすることによって、中庭でありながら屋根を造っておけば間取りとしては埋まります。欠けも消えていくので家相においてはプラスへ働いていきます。

しかし壁や屋根がない状態だとマイナスで、床下に湿気などを溜めこんだり家庭関係がうまくいかないこともあると言われています。お手入れも常に意識しないといけないため、屋根がない状態にしないようにしましょう。

まとめ

中庭を設けると快適な環境ができあがって、そこへ植物を植えたりするとインテリアに活用することもできます。

リラックスできる空間を作ることができますが、家の中へ中庭を設置すると家相に関しては大凶と扱われることも多いです。空間ができた時には悩みや苦労が絶えない状態となってしまうこともあるので、対応策をしっかりと講じていくようにしましょう。

安定感を失ったり家族仲が冷めてしまわないように、庭は極力家の外に設けることがベストです。

 

-家相の方位、間取り

Copyright© 家相の教科書 , 2020 All Rights Reserved.