家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相の方位、間取り

【家相】吉凶を分ける!?屋根の色や形状は○○がおすすめ!徹底検証

 

屋根は自宅の一部で、真ん中が高かったり前後が低い状態のものなど非常に豊富にあります。

屋根の形は現在様々ですが、これも家相に影響があるので注意しなければなりません。

吉凶に影響を与える上で、実際に間取りとともに色合いなどを検討しなければなりません。

形状や出入り口そして部屋とともに屋根をセットで考えていかなければ、家相においてマイナスに働いていくことがあります。

 

家相と屋根は関係あり?

 

基本的に家相では屋根も関係しており、形状などを見ていくとシンプルなものがプラスに働くことがあります。

どうしても複雑な状態になっている屋根は家相でもマイナスに働いてしまうことがありますが、構造でももろい点が多数露呈してしまうことがあります。

また気候においては強い風雨などに対する耐久力が少なく、雨漏りなどを引き起こしてしまうことがあります。

他にも屋根が家相でマイナスに働いてしまう状態のものがあり、例えば屋根が低くなっていると玄関を設置した時に雨の日だと濡れてしまうことがあります。

人が寄り付かない状態になりかねないということで、家相では凶と考えられています。

これがお店になると客が少ない暗示になると考えられており、金運などにも影響を与えてしまうと忌み嫌われていました。

近年は機能性が高い雨どいを屋根に設置しているケースが多いため、雨水によって家の中が濡れてしまうという事態を回避することは可能です。

神経質になる必要は特にありませんが、自由な発想で自宅の屋根を設計した時には家相でマイナスに働いてしまうこともあります。

デザイン重視で屋根を決めてしまうと想定外の事故やトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので、注意しながら判断するようにしましょう。

地域によっては傾斜がきつくなってしまうと雪などの落下物に対応できないこともあります。

設計時にはプロのアドバイスをしっかりと聞き入れながら、機能性やデザインが両立することができる屋根を考えていくことが重要です。

 

【家相】幸せになる屋根の色はなし?

 

屋根の色によって家のイメージが大きく変わっていくので、瓦や外壁と併せて考慮するようにしましょう。

飽きがなくまとまりをもたせる色合いだと運気を上げていくと考えられています。

達成させたい夢や願望につながった色だと、脳へ伝わって効果が自然と体に入ってくるとも言われています。

それぞれの色でもたらす効果だけでなく、凶となる色の対応方法は色々とあります。

その中で鮮やか過ぎる色を屋根にしてしまうと相手は攻撃的なイメージを持ってしまい、家相でもマイナスに働いてしまいます。

そして注目も他者から予想以上に浴びてしまうため、心理的に落ち着かなくなってしまいます。

淡い色合いを選択すると改善されるので、色をチェックする時には注意しなければなりません。

運気がいいと考えられている屋根の色は、以下のようなものです。

 

オフホワイト

家庭内での愛情が豊かな状態となり運気をアップさせていきます。

さらに仕事が熱心になる色とも考えられています。

 

 

 

グリーン

家族の健康を象徴している色で再生や復活といった意味もあります。

健康だけでなく安定した生活などを送れるように運気を補っていくこともできます。

金運では多くかさんでしまった出費を抑えつつ、収入も徐々にアップさせていく暗示もあります。

 

 

パステルラベンダー

家族の身を守っていく意味を持っており、他の色と合わせてもバランスを崩しません。

 

 

 

ピンクパステルラベンダー

対人運をアップさせる色で、人からの信頼や友情を強くさせていきます。

また知性や芸術面で運気をアップさせていくことができます。

 

 

ピーチ

愛情や対人運がアップしていき、家庭も明るく楽しい状態に変わっていきます。

 

 

 

茶色

落ち着いた茶色だと、家庭運をアップさせて安定と安心を家庭にもたらしてくれます。

子育てなどに縁がある色とも言われており、人に慕われる運気をアップさせます。

 

 

 

チェリーレッド

家庭内に笑顔や喜びが増えていき、仕事や対人運をアップさせていきます。

そしてわだかまりも解消しながら身体能力をアップさせていき、健康運もアップします。

 

 

ライムグリーン

再生や復活を表意味しており、家庭運や不動産などの運勢を上げてくれます。

また普遍的な安定とやすらぎが得られます。

 

 

 

【家相】屋根の形状で吉・凶はある?

屋根の形状で運気が変わることもあります。

寄せ棟型の屋根は家相から見てどう?

屋根が4つの面を持っているものでバランスがしっかりと取れている屋根です。

運気としてはバランスもよく、いい運に恵まれる状態となっています。

 

 

片流れ型の屋根は家相から見てどう?

片方の屋根について面だけが傾斜している状態の屋根となりますが、これは流れている方向で運気に影響します。

極端になってしまうこともあり、性格にも影響が出てくることがあります。

北が低くなっていると最悪な状態で頭の病気などを患うこともあります。

 

フラットルーフは家相から見てどう?

屋根裏部屋を作れる環境にないフラットルーフは、日光の影響を受けやすい環境になっています。

陽当たりがいい状態であれば家全体もプラスへと働いていき、家相でも良い運気に恵まれるでしょう。

 

 

腰折の屋根は家相から見てどう?

腰折の屋根にすると、脳全体に影響する状態で家相では抑制する運気をもたらす傾向にあります。

 

越屋根は家相から見てどう?

越屋根は可もなく不可もない状態で、プラスに働かないため注意が必要です。

 

 

 

招き屋根は家相から見てどう?

招きの屋根は側面からチェックすると左右対照になっていませんので、家相では運気が不安定になってしまうことがあります。

この場合バランスが悪くなってしまうので、インテリアなどで明るい色合いのものなどを用意すると良いでしょう。

 

 

ドーム型の屋根は家相から見てどう?

ドーム型は気を集める力を持っていて、近くに森があると力を特に発揮していきます。

情報を集める仕事をしている人には良い運気をもたらす屋根で、常にリラックスした状態を作り出すことができます。

ただし活動力をアップしたいと考えている人には、家相では良い運気とはならないので注意しなければなりません。

 

 

まとめると:屋根裏部屋に空気がしっかりと流れる構造が大事!

上記の内容をまとめていくと、屋根の中の空間になる部分が多いほど運気に影響を持たらすことが分かります。

特に屋根裏部屋を用意すると運気が変わってくることもあるので、注意しながら屋根をどのような構成にするか事前に検討していかなければなりません。

 

 

 

まとめ

 

屋根は住居の一部となっており、日常生活でも重要なパーツの一つとなっております。

その中で色合いを派手にしてしまうとマイナスに働いてしまうことがあったり、屋根の形によって運気が大きく変わってしまうこともあります。

事前の間取りなども注意しながら、自宅に適したベストな屋根の形状や色合いを決めておくといいでしょう。

 

ポイント

家相を意識した間取りに悩んだらこちらの無料サービスがおすすめ。

新築を検討中の方はこちらの家相を取り入れた間取りプラン作成サービスを活用ください。

住宅のプロが家相を交えた結果、最適な間取りプランを作成します。

【家相・風水】間取りプラン作成はこちら

↑完全無料

 

-家相の方位、間取り

Copyright© 家相の教科書 , 2019 All Rights Reserved.