家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相の方位、間取り

【家相】家の中心に廊下の間取りは危険!?中廊下でも○○で凶を回避

廊下は自宅の部屋と部屋を繋げていく重要な空間となっています。玄関より自宅内の部屋まで行き着く間の動線として活躍することでしょう。

ホテルや旅館などでも当然ながらありますが、家相において影響を与えることもあります。

廊下がもしも自宅の中心を突き抜けていると、真っ二つに環境が分断されることもあります。

間取りを考慮しながら、家相に影響を与えないかチェックするようにしましょう。

廊下ってどんな役割がある?

廊下は子供部屋やリビングなどをつなげるための導線となっているだけでなく、玄関までつなげる重要なスペースの一つとなっています。

廊下を設置することで、玄関のドアを開けてすぐにトイレやお風呂を設置することもなく、廊下でワンクッション置くことで臭いや湿気そして音などを遮断することもできます。落ち着かない生活を防ぐためにも廊下は必要不可欠なツールと言えるでしょう。

廊下を設置すればトイレやお風呂などを切り分けていくことができます。プライバシー保護などにも役立てることができるので、安心して生活を送ることができます。

【家相】家の中心に廊下の間取りはOK?

廊下は自宅の中心部を通っていることもありますが、これを中廊下と呼んでいます。

この中廊下は家相においては悪い家相と言われています。中廊下は左右がリビングや子供部屋などの部屋で挟まれるので、どうしても中廊下へ光が届かない状態となります。

常に薄暗い状態が続いてしまい、これが家相の鑑定においては運気を悪くしてしまうと考えられています。

家の中心というのは生活の中心になると家相では考えられているので、自宅の中心にある中廊下が暗くなっていると悩みや苦労が多くなる生活を送ると言われています。

日中では暗いのは不自然という意味合いもあり、バランスが悪くなると家族でも様々な問題を起こすこともあるので光を与えるべきと家相では考えられています。

表面上では判断がつかないこともあり、家族以外だと把握しづらい悩みや苦労と思われています。

廊下は極力階段や収納などと同じように暗くならないように注意することが重要ですが、中廊下になってしまう時には間取りを見直すことも検討しなければなりません。

【家相】中廊下でも凶を回避する間取りのポイントは?

廊下がどうしても家の中央に配置しなければならない時には、家族関係が悪化する暗示になってしまうので注意しなければなりません。

中廊下になってしまう時には間取りなどを検討する必要があります。その中でどうしても廊下が真ん中になってしまう時には、長さの調整が必要となります。

イメージとしては自宅の中心部を全て通すわけではなく、長い辺の半分もしくは3分の2あたりまでに抑えていくようにしましょう。

特に突き当りの部分にはリビングなどの部屋を設置すると理想的と言えるでしょう。

廊下の先にトイレを配置しない!

中廊下を自宅の長辺の半分もしくは3分の2程度の長さにして、突き当りを部屋にすると効果があります。しかし行き着いた先が水回りの部屋で、特にトイレになると家相ではよりマイナスとなってしまいます。

トイレは家相においては不浄の場と言われており凶の暗示を持っています。このような間取りにすると、より気の流れがマイナスに働いてしまうこともあります。

【家相】暗い廊下を明るくする!解決方法は?

基本的に暗い廊下は家相においてはマイナスになってしまい、家族問題に発展してしまう暗示が出ています。

そこで暗い状態になった廊下を改善する方法を見出し、講じなければ家相ではプラスに働きません。

暗い廊下は家相から見てNG?

暗い廊下になっていると、家相では家族間のトラブルや悩みなどを改善できないまま生活を送ってしまうと考えられています。不安なども抱えやすい状態になってしまい、常に問題がある状態に悩まされてしまいます。

収納が途中である時には不平不満などを溜め込んでしまう傾向にあると考えられており、設置するのは控えた方がいいと結論づいてしまうこともあります。

秘密や隠しごとも増えると考えられており、より気を遣った生活を送ると言われています。

【家相】暗い廊下を明るくする解決方法!

光を差し込ませて明るくする

 

中廊下が暗くなってしまった時には、光を廊下へ差し込ませることです。天窓より採光を行えるように工夫をしてみたり、極力日中でも電気を明るくしておくといいでしょう。

自然光がしっかりと廊下へ降り注ぐ時間帯ならば、より暗くなってしまわないように注意しなければなりません。なお夜は光が入ってこないため、電気を消したままでも問題ありません。

どうしても住宅だと中央の部分に廊下が存在していて両サイドにリビングや子供部屋などを設置する傾向にあります。そうなると窓がない状態になってしまうので、昼間でも暗くなってしまうことも少なくありません。

スカイライトチューブのライトを利用する

昼間でもどうしても光を天窓などで差し込ませることができない時には、昼間は電気を常につけられる状態にするようにスカイライトチューブを利用します。

忙しい時にも暗い部分をしっかりと減らしたり消すことができるため、忙しくて走り回っても視界がはっきりと見える状態になっています。

スカイライトチューブは色々な大きさがあるので、廊下に合わせて決めるようにしましょう。

まとめ

廊下は自宅の導線になっており、生活を送る上でも必要不可欠な場所となっています。

しかし廊下が自宅の中心にあったり、暗い状態になっていると家相ではマイナスに働いてしまうことがあります。

どうしても中心部分に中廊下を設置しなければならない時には、長さを変えたり明るくするように努めるようにしましょう。

家族間のトラブルなどが増えてしまうことも想定されているので、早めの対策を講じることが重要です。

 

-家相の方位、間取り

Copyright© 家相の教科書 , 2019 All Rights Reserved.