家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相のお役立ちツール

家相を手軽に学ぶ!おすすめ本ランキング5選@選ぶポイントやメリットも+

家を建てる際に家相が気になる方が意外に多いようです。

家相に関することは風水師などの専門家に聞くことができますけど、少し敷居が高い印象があるのかもしれません。

そんな時におすすめなのが、家相を手軽に学ぶことのできる家相の本です。

どんな人に家相の本はおすすめ?

家相の本は、これから家を新築する人や間取りが気になる人などにおすすめです。

また家を持つ側の人だけでなく、家を建てている建築関連の方々に読まれています。

これから家を新築する人

家相の本を購入している人の大部分は、これから家を建てようと考えている人達です。

売れているのは本格的な家相の本というより、初心者向けの分かりやすいものです。

間取りが気になる人

家を建てる際に間取りをどうするかというのは重要なポイントになりますが、間取りを考える際に家相の知識が役立ちます。

玄関やリビングなどをどちら向きに設置するかといった現実的なことからも、家相の本は読まれています。

鬼門に関して不安が大きい人

それまで家相をまったく気にしていなかった人も、家を建てることになると鬼門や凶相が気になってくるみたいですね。

特に親に言われて家相を調べ始めるケースが目立ちます。迷信だと思っていたとしても、不吉なことを言われると心配になってくると思われます。

家を作っている人

家相の本は、多くの建築関連の仕事をしている方々に読まれているようです。建築業界には鬼門や間取りなどを気にするお客様が多く、家相に関する質問をされるからでしょう。

家相に関する知識がないと家を建てた後にお客様からクレームを受ける恐れがあります。家相の勉強をするために本が購入されています。

家相の本を選ぶ際のポイントは?

家相について迷信だと思っている方は少なくないでしょう。

しかしいざ家を建てることになれば、日の当たる方角などを知る必要があるため、家相の知識を持つことは決して無駄なものではありません

家相の本を選ぶ際のポイントについておさえておいてください。

文章がわかりやすい

一口に家相の本と言っても、初心者向けのものから建築関連の方向けの本格的なものまで多数発行されています。

家相に関する知識がまったくなく、家を新築するにあたって家相の知識を取り入れたいと思っている方には、文章が分かりやすいものがおすすめです。

イラストや間取り図が多い

家相に関する文章だけだとイメージが湧かない場合があるでしょう。

そんな方は、イラストや間取り図などの絵が多い家相の本を購入してください。

価格が安い

本格的な家相の本は価格が高い傾向があります。

初心者向けのものは比較的安く購入できますから、手頃な価格のものを探しましょう。

 

おすすめの家相本ランキング5選

販売されている家相本の中から、多くの読者に読まれているものを5冊ご紹介します。

第1位:幸せを招くよい家相・間取り

出典:Amazon

小池康壽著(西東社2006/10/1発行)価格:1,575円

占い的な面の強い風水ではなく、現代建築に合った家相を豊富なイラストや間取り図を使って丁寧に解説しています。

<この本を購入した人のレビュー>

「説明にイラストが入っているためとても分かりやすかったです。新築の家のプランを決める参考にさせていただきます。」

「家を建てる前に家相を学んでおこうと思い購入した一冊です。分かりやすい内容で一気に読めました。」

第2位:よい家相の家づくり―吉相の間取りがすぐできる

出典:Amazon

佐藤秀海著(主婦と生活社2007/10/1発行)価格:2,160円

家相建築の考え方の基本が書かれています。限られた条件の中で吉相の家を作るノウハウに加え、最新の間取り図を掲載しています。

<この本を購入した人のレビュー>

「昔からの家相の考え方が知りたかったので購入しました。ほかの家相本に比べて内容が充実していると思います。」

「間取りによって家の住み心地が大きく違うということがとても良く分かる本です。家づくりについて知りたい方は読んだ方がいいです。」

第3位:家相・風水のうそホント

出典:Amazon

小池康壽著(メディアファクトリー2002/7/31発行)価格:1,296円

家相を学んで役立つことがあれば、迷信として疑った方がいいこともあります。鬼門や裏鬼門などに関する疑問を解決してくれる本です。

<この本を購入した人のレビュー>

「家相は難しくてよく分からず鬼門の位置が心配でしたが、この本を読んで安心しました。」

「不動産関係の営業マンにとって使える本です。お客様に説明するのにとても役に立ちました。」

第4位:現代の家相

出典:Amazon

清家清著(新潮社1989/01発行)価格:1,468円

新潮社が出している『現代の家相』を再編集した「とんぼの本シリーズ」の一冊です。家相を独自の解釈で解説し、現代的な内容にアレンジしています。

<この本を購入した人のレビュー>

「家相には現代に通用するものとしないものがあるようです。この本では科学的根拠に基づいた家づくりが詳しく説明されています。」

「日本の住宅史の推移から社会の変化などが分かりとても面白かった。」

第5位:いいことがいっぱい起こる魔法の家のつくりかた

出典:Amazon

大平一枝(取材と文)/谷口純平 (イラスト)/ひまわりほーむ (監修)(梧桐書院2009/9/1発行)価格:1,512円

文章を読むのが苦手な人にも楽しく読んでもらいたいとの考えから作られた本です。お子さんの理解を深める目的で購入するのも良いのではないでしょうか?

<この本を購入した人のレビュー>

「絵本のように読みやすい内容だったから、子供と一緒に楽しく読むことができました!」

「オールカラーのイラストが見やすくサクサク読めるので、難しい住宅の本を読むのに疲れた方にオススメです。」

本で家相を学ぶことのメリットは?

本で家相を学ぶメリットとして、家相の知識が身につき、家を建てる際のアイデアが浮かぶことがあ挙げられます。

家相の知識が身につく

家相の本を読んだ後は家相の知識が身につきます。

実際の家づくりに活かすことができるでしょう。

家を建てる際のアイデアが浮かぶ

気持ちが落ち着くだけでなく、家相本を読むとどのような家を建てればいいかというアイデアが浮かぶようになります。

そのためにも、家相の知識が学べるだけでなく、実際に家を建てる際のヒントになるような家相本を選んだ方が良いでしょう。

家を建てた後に安心感がある

家相の本を読む前は「鬼門の方角に家を建てると災いが起こる」などの不安があるようですが、家相を理解するとやみくもに恐れる必要のないことが分かります。

家を建てた後に安心できるというのは大きいと思います。

まとめ

家相について手軽に学ぶことができる本を5冊ご紹介しました。

街の本屋さんはもちろんネット通販で注文することもできますから、気になる本がありましたらぜひお読みになってみてください。

-家相のお役立ちツール

Copyright© 家相の教科書 , 2019 All Rights Reserved.