家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相の方位、間取り

表札で幸運を呼び寄せる!?家相から見る@表札を選ぶ5つのポイント

自宅で必ず目にするのが表札で自宅の顔とも言われています。

表札がどのように書かれているかでイメージを掴むことがあるので、必ず設置する前に検討しなければなりません。

表札はイメージだけでなく家相にも大きな影響を与えることがあるので、フォントなどをじっくりと検討する必要があります。

マイナスイメージにならないように自宅の顔をしっかりと検討しなければなりません。

表札と家相は関係ある!?

自宅の顔とも言える表札というのは、玄関や建物などに付いているもので、客などが訪れる時に目にするケースが非常に多いです。

表札は家相に関して直接プラスもしくはマイナスへ動き影響していくことはないものの、自宅と一般社会を接続する大切なアイテムの一つとなっています。

これを正しく掲げて自分自身と他人の人間関係が向上していくこともあり、家相でも良い影響を与えることがあります。

設置場所なども影響があるため、良い家相で運気を手に入れるために間違えて表札を取り付けることがないように注意しなければなりません。

表札がもしもなければ社会と断絶して家相が下がってしまうこともあるので、表札を設置するよう考えなければなりません。

表札は家に付けるべき!?家相から検証!

表札自体に鬼門や欠け相といった家相に関するマイナス要因を補強する効果が一切ありません。そこで設置する時には、予想外の場所へ設置するのは危険なので極力避けるようにしましょう。

基本的に表札を取り付ける時に位置は外より見た時に右側となっています。駐車場や門などの関係を把握しながら、どうしても難しい時にはサインポールを用意するといいでしょう。

極力表札は敷地の入り口からみて右側にありますが、誰からみても非常に把握しやすい場所へ設置すべきでしょう。もしも玄関へ表札を取り付けたいと考えた時には、自宅を見た時に家の外よりチェックして玄関ドアの右側にあるといいでしょう。

設置する時には、位置を目の高さより若干視線を上げる程度で設置するようにしましょう。ただし玄関のドアよりも高いところにならないように調整しながら表札を設置するようにしましょう。

建物の構造で右側にどうしても設置する事ができない時には左側でも仕方ありません。ただし扉の上側へ設置するとマイナスになってしまうので、極力設置する時には避けるようにしてください。

吊り元の位置で表札がどうしても隠れてしまう時には、可能なだけドアを左吊りにするようにしましょう。

【家相】表札を選ぶ際の5つのポイント!

表札の素材

素材は必ずチェックして、どの素材が家相にプラスとなるか調べておくようにしましょう。

自宅の個性を引き出すことができますが、そもそも家相や風水では玄関から運気が入り込んでくると言われています。表札は運気を増幅させる機能があると言われており、良い運気を呼べる素材を選ぶ必要があります。

家相では自然と調和することが重要と考えているため、自然素材を表札では選ぶようにしましょう。とりわけ木製が理想的で家相でプラスに働くと言われています。

天然の木だと森林の持っているエネルギーを十分に蓄えていると考えられており、玄関が持つ気をしっかりと整えていく力を持っていると言われています。

また木は発展や成長といったポジティブな意味合いもあるので、家相では十分プラスに働くでしょう。

もしも木製以外の素材であるガラスや銅などは、単に設置するとマイナスになってしまうことがあります。

そこで表札を選択する時にはデザインで自然物である植物などをモチーフにしていれば、家相では良い運気をプラスへと変えていくことができます。

表札の色

表札の表記だけでなく色合いにも良い運気を呼び込むルールがありますので、注意して選択しなければなりません。

家相や風水では、表札で推奨されているのが白で最も視覚的にも見やすいということで選ばれています。

もしも茶色の表札だと時間が経過すると文字が見えにくくなりますが、これも木製の表札ならば効果的と言えるでしょう。

表札の字体

家相において字体はとりわけルールはありませんが、理想的な表札の字体として楷書や行書がいいと言われています。自宅の顔とも言われているので、厳格さも考慮して見やすさを重視しているといっていいでしょう。

ローマ字表記も表札では最近多いですが、極力楷書などを検討するようにしましょう。

もしも表札で運気を上げたいと考えている時には、漢字によってフルネームを入れるようにして運気を呼び込めるようにしましょう。

全員の名前を表札へ入れる時には家主を最も右側へなるように構成するようにしましょう。二世帯の時には核になる方を右側へ記載するようにしましょう。

表札の名前

名前は漢字でもローマ字でも基本的に問題ありませんが、表札の文字がしっかりと分かるように記載しなければなりません。

文字の色だけでなく光の加減や素材などを考慮していきながらしっかりとバランスよく記載するようにしましょう。

 

表札の取り付ける位置

表札のデザインなどが決まってから取り付ける位置を考えていかなければなりません。

玄関の右側と左側がありますが、家相や風水においては右側を通る運気は家へ入ってくると考えられています。

左よりも右にあると基本的には違和感を感じることがないので右側を選んでいる人が多いです。

まとめ

玄関に設置する表札は、素材などをしっかりと考えながら理想的な場所に置くようにしましょう。

運気を呼び込むためには、基本的な設置する位置などを把握しながらマイナスにならないように意識するようにしましょう。

 

-家相の方位、間取り

Copyright© 家相の教科書 , 2020 All Rights Reserved.