家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相の方位、間取り

家相と電柱は関係なし!?玄関の正面・敷地内に電柱はご法度か検証

間取りの吉凶を考える場合、部屋の中央からの方位を見ますが、電柱の方位は土地の中央から判断することになります。

ただ家相は、鬼門などのライン上にトイレなどの不浄なものがあると凶相になるというものなので、不浄物でない電柱は影響がないでしょう。

また電柱の話をしたついでに、家相以上に問題になるかもしれない電磁波についても触れておきます。

電柱の影響を受けそうな場所は?

家相的に電柱の影響を受けそうな場所は、玄関や窓のあるところに電柱がある場合です。玄関から電柱が見える位置にあるのは凶相と言われています。

家を建てる前であれば、電柱から玄関をずらして作りましょう。建売住宅ですでに電柱が敷地内にある場合は、電力会社に頼んで電柱を移動してもらう方法があります。

電柱を敷地内から公道に移動させるのは難しくても、敷地内から敷地内へ移動させる分には申請がおりやすいようです。電力会社にお問合せください。

電柱を移動することができない場合は、電柱から遠い部屋で生活するようにすれば問題はありません。電柱から近い部屋の間取りに何を持ってくるかを考えましょう。

【家相】玄関の正面に電柱があってもOK?

玄関の正面に電柱がある場合、家相的には良い気は玄関から入ってきますから電柱は良い気が入る妨げとなります。電柱によって風景が割れることになり、家庭内に不和が起こる恐れがあります。

家を建てる際には、玄関の位置を電柱が見える場所からはずすことをおすすめします。

~対策方法はある?~

玄関の位置を電柱からはずすのが難しい場合は、対処法として植え込みなどを作るのがいいかもしれません。電柱と玄関との間に高い門を設けるなど電柱が直接視界に入るのを防ぐ方法を取ってください。

なお電柱からは電磁波が出ていますが、電線が普段生活している部屋から離れている場合は問題ありません。

問題となるのは電柱の根元にあたる1階部分ではなく、電線に近い2階の部分です。2階の窓から電柱が見える場合は、窓をふさぐ必要がありそうです。

【家相】敷地内に電柱があるのはNG?

敷地内に電柱があるデメリットとして、家の景観が損なわれるということが挙げられますが、もうひとつ大きな理由に鳥のフン害があります。

電線に鳥が止まった時にフンをします。車の屋根にフンを落とされたり、風でフンが飛ばされたりして不衛生です。

家相が不浄なものを嫌うというのも理由ですが、鳥のフンには細菌やウイルスなどが含まれているため病気になる恐れも出てきます。

ちなみに敷地内に電柱があると電力会社からお金がもらえるのでメリットがまったくないわけではありませんが、家相的にはない方がいいと思います。

電力会社に相談して電柱の位置を変えてもらうことが可能です。窓からすぐに見える位置に電柱がある場合は、健康被害が出ないうちに場所に移動してもらった方が良いでしょう。

電磁波の影響は!?

電柱からは電磁波が出ています。凶相というのは目に見えませんから、電磁波と同じようなものです。

電磁波というのは、家相が生まれた時代には存在していませんから、家相とは別にお考えください。

ところで、電磁波はテレビやラジオ、携帯電話や電子レンジなどからも出ていますから、健康被害が電柱によるものなのかは判断のしようがありません。

電磁波を長時間浴び続けると、気分が悪くなったり目まいや吐き気が起こることがあります。このような健康被害が出ている場合は、電柱以外にも複数の原因が考えられます。

会社で受ける電磁波

家にいる時間が短い人の場合、目まいや吐き気の原因が電磁波からくるものだとしても、電柱から出ている電磁波が原因とは考えにくいです。

現代人は家の中以外に、会社などでもパソコンや多くの家電に囲まれて過ごしています。家にいる時間より会社にいる時間のほうが長いとすれば、影響力が会社の方が強くなります。

家の中にあるテレビやパソコン、携帯電話などの家電から出る電磁波はたかが知れていますけど、OA機器の多い会社などの勤め先ではもっと多くの電磁波を浴びているのではないでしょうか?

過剰な電磁波を受けて健康被害にあった場合は、仕事を続けるのが辛くなりそうですし、その結果として金運なども下ってくるものです。

そのせいで恋愛運まで悪くなることもありえます。電磁波は目に見えないものであるだけに、何が原因とハッキリ言えないものです。電磁波の影響についても考えてみてください。

まとめ

電柱はトイレなどと違い不浄物ではありませんから、家相的な影響については深刻に考えなくても良さそうですが、玄関のまん前にあるのは凶相と言えるのでずらしましょう

敷地内にある場合は、電力会社に依頼して移動してもらうことも可能です。さらに電柱の位置より問題となりそうなのは電磁波です。家相が電磁波に対応していないのは当時存在していなかったからです。

体調が悪いのは家相のせいではなく、電柱から出ている電磁波による場合がありますから気をつけてください。

 

-家相の方位、間取り

Copyright© 家相の教科書 , 2020 All Rights Reserved.