家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相のこと

【必読】家相は気にする?気にしない?信憑性やメリットなど徹底検証!

これから自宅を建築していこうとする時に、幸せな運気を取り入れたいと考えている人も少なくありません。その中で気にするのが家相で、運気を呼び込めるレイアウトにしていきたいと考えている人もいます。

そこで家相とは何か、メリットや信憑性は本当にあるのか見ていきます。自宅の建設を検討している人もいますが、参考可能な事例もインターネットではチェックすることもできます。

家相が気になる人はどれくらいいる?

インターネットなどでアンケートを行うことも多いですが、自宅に関するアンケートもチェックできることがあります。

その中で家相がどうしても気になる、もしくは普段は家相をさほど気にしていないが、時折チェックする人もいるかアンケートを取っていることがあります。

150人ほどにアンケートを行った際に比率をチェックしていくと、全体の約7割ほど家相を気にする人がいたという結果が出ました。

家相や風水は強く信用してはいないものの、普段の生活においてついつい信じてしまう人も少なくありません。

家相の信憑性ってどれくらい?

占いなどで家相を紹介していることがありますが、本当に信用していいか不安にかられている人も少なくありません。

家相とセットで風水を紹介していることもありますが、似ているようで異なった占いとなっています。

そもそも風水というのは、古代中国より土地の状態を確認していくとして日本へ伝わってきました。

一方家相というのは、風水を活用しながら気候風土などに合わせながらチェックしていき、本当に運気を呼び込めるか確認していきます。

実際に完璧な家相を持っている住居は存在せず、どこかに凶の相が必ず存在しています。

ポイントをしっかりと絞っていきながら、ライフスタイルに合わせていきながらチェックするようにしましょう。

家相は家作りでメリットあり?

吉方位などを気にしながら設計を行い、理想の住居を手に入れたいと考えている人も少なくありません。

その中で家作りにおいて家相は本当にメリットがあるのか、色々とポイントを絞りながら見ていきます。

経験とともに平面計画を練ることができる

各方位ごとで設計を行いますが、設計士に依頼をする時に家相を元に各方角に何を設置するか判断することができます。

家相を活用すれば部屋の種類を決めていくこともできるため、その良し悪しを細かく伝えていくことができます。

しかし、実際に色々な条件をチェックする際に、全部守りつつ理想の間取りを作り出すのは難しいと言えるでしょう。

基本的な条件が揃っていたとしても必ず悪い運気をもたらす方角はありますので、配置する際にはチェックしながら判断するようにしましょう。

家相を頼りにしながら自宅を建設したという経験が安心感を生む

家相を頼りにする事は重要なポイントで気持ちも大きく変わっていきます。また家相を守ることによって、平面計画では納得の行く状態に仕上げていくことができます。

しかしそれだけでは決して十分な内容になっておらず、実際の建築において採光や通気に関する計画なども練っていかなければなりません。

基本的な部分から日々の生活で必要な動線など、家庭内の動きや耐震などの対応策を考えていきながらじっくりと計画しなければなりません。

住まいの設計では家相を重視していく必要もありますが、平面だけでなく立体的な点も含めて建設が完了した時に達成感を覚えます。

家相を気にしないで建てた結果、失敗した事例!

色々な家相を参考にしないで失敗した事例をここでは見ていきます。

引っ込んだ部分が大きい家

建物がL字型のような状態となっている時には、家庭的ではない家相となっています。

特に南西側が欠けていると女性が生活する上で仕事を非常に頑張り、家庭的とは言えません。金運を象徴する西側の出っ張りが大きいと、旦那以上に奥さんが稼ぐケースもあります。

1階に生活できるスペースが存在していない

もしも1階が店舗もしくは車のガレージなどになっている場合、家相上では悪い家相となっています。

理由は、1階の部分を不特定多数が出入りできるようにすると家相上では足元が冷えるなどの健康面や生活不安定な状態、さらに親子の間で温度差が生まれてしまうこともあります。

眠っている時には地面から運気を取り込んでいくと家相では言われており、居住スペースは必要不可欠と言われています。

家で太陽の光が全く入らないところがある

トイレや風呂など全く太陽の光が入ってこない場所もあります。日中に自然の光が全く入ってこない空間は悪い家相を生むとも言われています。

形状と家庭内の生活はリンクしていき家相も大きく影響します。自宅の中央が特に暗くなっている時には、苦労などを強いられる暗い生活になってしまうこともあります。

まとめ

これからマイホームを建設していこうとする時に、設計を行う際には運気をしっかりと取り込める環境にしたいところです。その中で家相を勉強していくとある程度の間取りを決めていくことができます。

何も考えずにマイホームの間取りを決めていこうとすると、本当に運気を呼び込める環境を作っていくことができません。

ある程度建設する際には家相などを勉強しておくと失敗しないでしょう。

-家相のこと

Copyright© 家相の教科書 , 2020 All Rights Reserved.