家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相のこと

家相と風水は同じ?!共通点・相違点を知って家づくりを進めよう!

自宅をこれから建設していこうとする時に、風水や家相をチェックして判断する人も非常に多いです。

しかし風水や家相を見ていく時に、それぞれ共通する部分が多いので同じ感覚でチェックしている人も少なくありません。風水と家相の中では似て非なるものも存在しているので、注意しながら知識を積んでいくようにしましょう。

時には全く違う情報を見つけることもあるので、間違えた判断をしてしまうこともあります。

家相って何?

そもそも家相というのは中国で誕生しています。そしてルーツを辿るとともに、日本において影響を与えているケースも少なくありません。

家相とは

古代中国の占いを基本として家相は誕生していますが、これは家のレイアウトであったり方位から運気を邪魔してしまう要素などがないかチェックしていきます。

住居の相を占っていきますが、その考えは古代中国から存在していたと言われています。古代中国の神話の中で登場している皇帝によって創造されたことが始まりと言われていますが、運命学などに人々は興味や深い関心を持っていました。

それは昔の出来事であったり経験や知識から導き出されたものです。そこから未来を予知していくために運命学が誕生し家相へと変わっていきます。

徐々に家相は日本独自の内容へと変わっていきますが、これは奈良時代から始まったと言われています。仏教と共に伝来してきたとされていますが、それは風水の思想が基準となり住居や墓地に関して陰と陽に区分けして考えられていました。

これが日本独自の形へと発展していき、中国では存在しない家相へと変わっていったのです。さらに日本では地相という土地に関する運気の状態を示す考えも生まれてきています。これらを合わせて家相と言われるようになっていきました。

地相って何?

地相は日本独自の考えで発展してきた家相の一種と言われていますが、これは土地に関して運気がいいかどうかを判断する考えと言われています。

自然界というのは、人が生活するために必ず蓄えなければならないエネルギーが存在すると言われています。それは太陽から与えられる光による恵みや大気の流れ、さらに大地から注がれている気などです。

自然のままに人が生活を送れるかどうか、住居を構えて問題ないかどうかを家相によって研究されていくようになりました。

そこには吉と凶の土地や場所があると考えられており、北方位は家相や地相においては神聖な方位とされています。トイレやお風呂など不浄なものと考えられる物は、極力置かないように注意しなければなりません。

一方で南西方位と言われる裏鬼門は不快なエネルギーを増幅させる場所と言われています。トイレなどが南西方位に点在していると、心身ともに不健康な状態になってしまうと言われています。

風水って何?

テレビなどでも紹介されている風水によって、しっかりと運気を呼び込めると言われています。

風水とは

風水は中国で誕生しましたが、その歴史は3000年以上前にさかのぼります。長い歴史を持っている風水は、主に大地の気の流れをチェックしながら調整することにより活用することができると言われています。

環境学とも言われていますが、地理風水や陰宅風水、そして陽宅風水が主となっています。住居の吉凶は陽宅風水で判断していきますが様々な鑑定方法があります。風水事情は時代とともに変わっていきますが、現在は玄空飛星派風水などがあります。

効果がしっかりとあるか見極めながら間違った風水情報を把握しないように注意しなければなりません。

家相と風水の共通点・違いは?

風水も家相も元々は中国から伝わってきましたが、日本で独自に変わっていきながら進化しています。その中で共通するポイントと相違点があります。

家相と風水の共通点

方角などの位置関係で把握する

風水というのは都市や住居などの方位だけでなく 様々な位置関係で吉凶を判断することができます。

気の流れなどを制御できるように調整する

風水も家相も場所によって気の流れなどを調整しつつ、様々な物事の成就を占っていきます。

家相と風水の違い

それぞれの本質は若干異なる

風水と家相は本質が若干異なっています。

風水だと建物などをチェックした位置から運勢を判断していきます。物を設置する際にも参考になるため、そこから気の流れを整えていきます。本質的には風や水、そして土などから発せられる自然のエネルギーを見ていき、運気を上げていく方法を模索します。

一方家相の本質は開運学の一種とも言われており、陰陽五行説で位置や方角などを見ながら運勢を決めていきます。

方位などの捉え方で異なる

家相や風水において鬼門がありますが、捉え方に若干の違いがあります。

家の中心からチェックしていき、トイレなどの水回りを凶方位へ設置しないように家相では見ていきます。

しかし風水では捉え方も若干異なっており、八方位を利用して決めていきます。45度ほど異なるケースもあるので、方角を決める際には注意しなければなりません。

まとめ

時代によって、風水だけでなく家相も取り入れられるようになっていきました。

家族が円満に生活ができるように、レイアウトを検討していきながら運気を呼び込める環境に仕上げていかなければなりません。

歴史のある分野なので、風水と家相の共通点や相違点を把握しながら各所で活かせる知識をつけていくといいでしょう。

-家相のこと

Copyright© 家相の教科書 , 2020 All Rights Reserved.