家相をわかりやすく解説。家相の理想的な間取りを実現しよう!

家相の教科書

家相のこと

【浮気防止】不幸になる家・夫婦円満な家の違いは家相にあり?徹底検証

これから結婚してマイホームを建設していこうとする時に、浮気を防ぎたいと考えている人もいます。

運気を呼び込める環境になれば、生涯夫婦円満で家庭に恵まれると考えられるポイントもあります。反対に浮気を促してしまう家相も存在しており、建設時に気を配るケースもあります。

例えば主人の定位となっている西北側へ浴室を設計すると、主人が居づらい家庭になってしまうこともあります。そうなると浮気や不倫を呼び込んでしまう家相を作り出してしまうこともあるので、注意しなければなりません。

浮気と家相は関係ある?

不貞行為の一つと言われる浮気と自宅のレイアウトによって招かれる家相は、一見大きく関係していないと考えている人も多いです。

しかし浮気は家相とある程度関係性を持っており、レイアウトを誤ると時には取り返しのつかない状況を生み出してしまうこともあります。

浮気と家相には関係があるか検証する

浮気で人の邪魔をついつい受けるケースが多い人は自宅のレイアウトも関係しています。

映るもの

例えば、夫婦運を上げていくには寝室がポイントと言われていますが、ベッドに姿鏡があれば問題ありません。

夫婦の間で人の干渉がどうしても入りこんでしまう時には浮気の恐れもあります。姿鏡だけでなく映るものを近くに置いていると浮気に発展する可能性が高いと言われています。

映るものの例としてパソコンやTVの画面があり、独身だと仕事で他人の邪魔がどうしても入ってしまうこともあります。寝室が別ならば変な夢をついつい見てしまうこともあるので、これも恐怖心などから浮気を生んでしまうことがあります。

風水で寝室は、ベッドヘッドを壁につけていて隙間が全くなかったり窓の方向などが日当たりが悪い状態になっているといけません。

階段

また階段でカーブさせた状態で建設されている住居を見かけることもありますが、これも家相の流れに大きく影響しています。

まっすぐだと階段というのは気の流れにも影響しており、添って運気が流れていきます。そこでまっすぐな状態だと流れも速くなっていきますので、どうしても良い運気を逃すことがあります。

日本の狭小住宅をみていくとカーブがある階段を見かけることが多いですが、これは直角の方が適しています。

カーブは螺旋階段になっていると家相では凶と言われており、気の流れが全く緩やかになっていません。ゆるいカーブになっていると最適なので、夫婦円満の運気を作りたい時には検討するようにしましょう。

【浮気防止】夫婦円満の家相・地相のポイントは?

旦那の浮気防止や喧嘩なく夫婦円満な状態をキープさせる運気を作りたい時には、風水や家相そして地相をチェックしていくと良いでしょう。

時にはそれぞれの運気が悪くなっていることもあるので、状況をチェックしながら建設を進めていくようにしましょう。

これから夫婦円満な状態をキープさせていくためには、自宅のレイアウトをしっかりと考えていくことが重要です。

夫婦円満の家相のポイント

健康的な生活ができる間取りにする

夫婦円満にするために、最初にライフスタイルの中で考えるべき家族の問題を考えなければなりません。

自分たちの子供の成長をしっかりと見守っていきながら健康的な生活を希望するのであれば、家相としてはリビングやダイニングについて検討する必要があります。

気持ちの良い風が日々の生活で入るように、方角は東南にしておくといいでしょう。太陽の光が入り込んでくると前向きな気持ちを生み出していきます。

くつろげる間取りにして人を集める

北東に玄関を設置し南西に和室などをレイアウトすると広い空間を作っていくことができます。

のびのびとリラックスできる空間だと人が自然と集まるようになりますので、コミュニケーションも取りやすくなります。

 

夫婦円満の地相のポイント

必要なエネルギーを取り込むためには、家相だけでなく地相もポイントとなっていきます。

吉方位を把握する

自宅を建設する際には傾斜なども考慮する必要がありますが、北や西といった方角では南などの傾斜している状態の土地を選択すると、運気が取り込めると言われています。

日当たりのいい状態をキープする

夫婦円満にするには、何年間も日々太陽の明かりが着実にあたる状態にしておくといいでしょう。

凶といわれる方角も理解する

かつて神社やお墓、古戦場などが存在していた場所は悪霊も住み着きやすいと言われています。夫婦円満の運気を邪魔してしまうこともあります。

【浮気のリスクを減らせ】夫婦仲が悪くなる家相はある?

家相によっては浮気のリスクを助長してしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。

西北の方角に注意する

特に玄関や大きな窓が西北の方角に存在していると、浮気して夫が家にいつかない家相ということになります。

リスクある方角の対応策

玄関ならばそこへ白い大きな靴箱を設置するとともに、水槽や亀の置物を上に置くようにしましょう。窓ならば厚手の白いカーテンを設置すると効果的です。

北に浴室やトイレがある場合

北側に水周りがいい場所を設置すると、家相では浮気の原因となっていきます。清潔に保てば解決に進んでいくので、常に綺麗にしておきましょう。

まとめ

家相や地相によっては、夫婦円満の家庭を築いていくことができます。

自宅のレイアウトを検討する際には、動線など実用的なレイアウトを検討するだけでなく、運気を邪魔してしまう環境にしないことが重要です。

-家相のこと

Copyright© 家相の教科書 , 2020 All Rights Reserved.